Share on Facebook
LINEで送る

がん免疫療法

皆さんは癌治療には、どんなも治療方法が現在行われているのかしっていますか。
以前から行われている治療法では、
(外科療法)
・ 癌に侵されている臓器、その周辺の癌の転移が認められる組織やリンパ節などを一度に切除することができる。
・ 微小な転移が認められない時には、完治の見込みが高くなる。
・ 体内の臓器や組織を切除するので、依然同様の日常生活が難しくなる。
・ 開腹手術などでできた傷痕の治癒や、体力の回復に長い時間が掛かる。
・ 微小な転移をすべて取り除いたり、手術ができない場所にある癌には治療を行なったりすることはできない。

(放射線照射療法)
・ 癌が侵している臓器や細胞などに、体外から放射線を照射することにより、癌細胞を死滅させることができる。
・ 最近では、重粒子線などを使用する治療法も行なっている。
・ 問題は放射線照射によって、脱毛や食欲不振、皮膚の炎症などが起きる。
が有名ですが、なかでも最新のがん治療法が新日本橋石井クリニックで行われている(ANK免疫細胞療法)です。

この免疫細胞療法は、治療を受ける癌患者さんの体内に存在している、リンパ球からNK細胞を取り出し、それを培養増殖させたものを体内に戻すと、それにより癌細胞に対する攻撃強化となり、癌が死滅するという流れです。
またANK免疫細胞療法は、その他の治療法とも併用することもできます。
癌の完治をご希望なら、ぜひ新日本橋石井クリニックの免疫療法をご検討くださいね。